【35歳・未経験の転職】前職の仕事をアピールする3つのコツ

下書きのまま




僕は35歳の時、未経験の職種・業界に入社しました。

年齢による不利はあるのは間違いありませんが、不可能ではありません。

今回は、未経験で転職するときのポイントを話します。

 

30代未経験の転職で、前職の経歴をアピールする3つのコツ

未経験で転職する仕事で難しいことは、経歴のアピールの難しさです。

同じ職種であれば、前職と重なる業務が多く、面接でもアピールしやすいです。

比較的若く未経験となると「頑張ります」「何でもします」になりがちです。

でも、それだけだと内定は厳しいです。会社は、学ぶ場ではなく、売上などの結果を出す場だからです。

なので以下のことを考えましょう。

 

あなたの前職のイメージを知り、それを壊す

僕は以前、飲食チェーン店に勤めていました。事務職へ転職したくて活動していました。

こういう経歴を見た応募先の会社の人は、こんなイメージで僕を見ていました。

パソコン使えるの?

パワーポイントって使ったことあるの?

 

要は、「居酒屋で接客してる兄ちゃん」というイメージしかないので、店の仕事だけやってるんでしょ、と思っているわけです。

実際に面接でハッキリ「パソコン作業ってしたことありますか?」なんて、いわれたこともあります。

 

まずは、自分がどう見られているか知りましょう。
自分で判断できなければ、友達に聞いてみるのも手です。

そしてここで大切なことは、前職のイメージを壊していくことです。

なぜなら、未経験の仕事へ転職するわけですから、前職の経歴そのままアピールしにくいからです。

そして、次につながります。

 

未経験の仕事を理解しているアピールをする

会社の採用として気になることは「仕事を理解しているか」「その上でやっていけるか」ということです。

あなたは未経験なので「ウチの仕事はできるの?」と思われているのです。

ここで僕の例を出します。飲食店から事務職へ転職したかったです。

まずは事務職で求められることです。

 

・ワード、エクセル、パワーポイントといったパソコンスキル
・書類作成
・会議の議事。司会進行
・電話応対
・社内の人間関係

さらに事務職は、ルーチンワークをこなす事が大切なので、素早く正確にできることがポイントです。 

その仕事を理解したうえで、前職で使える部分をアピールします。

 

前職の経験で、使える経歴はないか

飲食店で働いていた人ならわかると思いますが、飲食店でもパソコンスキルは必要です。

僕が飲食店の仕事でやっていたことで、事務職に使える経歴は、こういったことです。

 

・売上をエクセルで管理
・ワードで報告書作成

 

こういったことを職務経歴書、面接でアピールします。

要は「事務職でやることは前職でもやってました。だから未経験でもできます」というアピールです。

 

【まとめ】未経験で前職の経歴をアピールするコツ

・前職のイメージを知り、それを壊す
・未経験の仕事を理解しているアピールする
・転職先の業務と、前職の経歴で重なる部分をアピールする

 

とにもかくにも、まずは相手の仕事と自分の前職のイメージを理解することです。

転職エージェントは、相手の仕事への理解しましょう、といってきます。でも、自分の仕事への理解はいってきません。

僕がそうでしたから。

「いかに前職と似ている部分を探すか」「そしてそのアピールをするか」が重要なんですね。

コメント